Profile: Maki Yi

Maki Yi (Volunteer Coordinator)

The event programs at Nikkei Place are made possible by the generosity of many volunteers. We asked Maki Yi, who was recently appointed Volunteer Coordinator, to share her thoughts on volunteering.

Trust: the foundation of a strong community

Maki understands the commitment it takes to be a volunteer and appreciates the time and energy volunteers give to support the programs at Nikkei Place. This is why she constantly reminds herself to appreciate, care for and be kind to the volunteers. “My work is not just about finding volunteers for the sake of a successful program,” says Maki. Her deep sense of conviction is built on her own experience as a volunteer.

NPF: I understand you used to be a volunteer yourself. In what ways does your experience help you with your current work?

MY: Being able to put myself in their shoes definitely helps things run more smoothly. We always work very hard to make our event programs successful. But no matter how prepared we think we are, glitches and mistakes happen from time to time. What’s important is how we respond in those situations.

NPF: I guess it comes down to “trust,” which is also your personal philosophy?

MY: I want to be someone that volunteers can talk to and depend on. I gained so much from my own volunteer work in the past, including a chance to improve my self-esteem and interpersonal skills. Also, it gave me confidence when people appreciated my work as a volunteer. But I soon realized that it was the kind and attentive volunteer coordinator who allowed me to have such a valuable experience. Now that I am a coordinator myself, I hope that my work will not only benefit Nikkei Place but also help volunteers gain something valuable from their volunteering experience.

NPF:  What does volunteering mean to you? And what kind of future do you envision for the Nikkei community? 

MY: To me, volunteering is an opportunity to “learn by doing” and discover your potential and ability. I believe personal development should not be a lonely journey; you build on the experience by working with others in the community. I truly believe that personal growth translates into positive changes for society as a whole. My role is to contribute to that process.    I believe that each and every individual plays a valuable role in our community. In my vision of the future, volunteers of all ages and genders are working together to build a vibrant Nikkei community, with Nikkei Place leading the way.

The value of “Thank You”

“This may sound very simple, but I want to be able to express my thanks to the volunteers,” said Maki at the end of our interview. Her words reflect her deep appreciation for the volunteers as well as her commitment to reach out to each one of them. “Letting the volunteers know how much their work benefits others will help build trust and boost their confidence and drive,” she added.

We often take the words “thank you” for granted. Perhaps appreciating their true value is a good start to building trust in our community.


マキ・イー (ボランティア・コーディネーター)

日系プレースにおける、イベント・プログラム運営は、たくさんのボランティアの方々の真心で支えられています。  そこで、今回は最近ボランティア・コーディネーターに任命された マキ・イーさんにお話を聞いてみた。

『信頼を築く事が大切‐心がつなぐ人の輪』

ボランティアの方々が、貴重な時間を割いてサポートしてくれることが、どんなにすごいことなのか。その事をちゃんと理解し、"感謝の気持ち"と"気配り、思いやりの心"を忘れない人でありたいと願っているマキさん。 そして、「自分の仕事は、ボランティアを見つけて、イベント・プログラムを成功させるだけではない。」と語る彼女。 その思いは、きっと彼女自身が、ボランティア活動を長く務めたことも大きいのだろうと、話を聞いていて感じた。

NPF: マキさんもボランティアをされていたと伺いましたが、仕事にどう役立つと思いますか?

MY: まずは、何よりボランティアの方の立場に立って考える事も出来るので、物事をより円滑に進められると思います。イベント・プログラムが成功するように心がけるのは、当然です。 ただ、どんなに準備万端だ!と思っていても、失敗する事、足りないことも出てくると思います。その時に大切な事は、どう対処するか、だと思います。

NPF: マキさんの信念でもある、信頼関係ですね。

MY: ボランティアの方々にとって、安心できる・親近感のある存在でいたいと思っています。私自身、ボランティア活動を通して、自尊心の向上、人間関係の築き方など学びました。ボランティアをして評価された事は、自信にもつながりました。本当に充実したボランティア活動が出来ました。でも、実はその陰には、ボランティアをコーディネートされる方の、細かい配慮があったのだと気づきました。私自身も、コーディネートする立場になり、日系プレースの利益の事だけでなく、1人でも多くの方にボランティア活動を通して、かけがえのない経験が出来る手助けが出来たらいいな、と思っています。

NPF: マキさんにとって、ボランティアとは? また、日系コミュニティの将来についてどう思いますか?

MY: 私にとってボランティアとは、自己啓発で行動し学びながら、人としての価値を見出す機会だと思います。自己啓発は自分ひとりでできるものではなく、社会の中で人間関係を結びながら築き上げるものだと思います。個人が成長していくにつれて、その個人が参加するグループや社会も成長できると信じています。そのお手伝いをすることが、自分の役目だと思います。1人1人が、みんな大切な存在です。老若男女問わず、ボランティアのみなさんの、いきいきと活動する姿が定着し、日系プレースが、日系コミュニティーの生活の中心となっている。そんな姿を心に描いてます。

『ありがとう』の言葉の重み

「とても基本的なことかもしれないけれど、"ありがとう"をちゃんと伝えていきたいです。」と最後に語ってくれた。その言葉の中には、深い感謝の気持ちと共に、しっかり1人1人を見つめていくという思いが篭っている。「自分たちの仕事がどんな風に役立ってるかをボランテイアの方々に伝えることで信頼関係も深まり、自信ややる気もでるのでは。」と、彼女は付け加えた。

「ありがとう」の一言は、当たり前のことのようだが、その当たり前を忘れないところに、信頼をベースにした人のつながりが、広がっていくのだろうと感じる。

 

Leave a Reply