NNMCC Christmas Members Social

On the morning of Saturday, December 14th, Nikkei Place Foundation (NPF) hosted the first Nikkei National Museum & Cultural Centre (NNMCC) Member’s Christmas Social. Over 120 people attended this free NNMCC Member’s event that included seniors from New Sakura-so and Nikkei Home, Nikkei National Museum & Cultural Centre (NNMCC) members, Gladstone Language School parents and children, volunteers and staff members. After opening remarks from NPF Executive Director, Josh Coward, and NNMCC Executive Director, Roger Lemire, festivities began with refreshment and activities and the gingerbread house competition started. The Gingerbread House Competition had over 20 children participating and the winner was Brian Asin. Special mention also goes to six other kids who participated: Kazuya Fukusaku, Lina Fukusaku, Mikane Matsumoto, Tomori Matsumoto and Akari Kasagawa. Other crafts were also available such as making Christmas cards and writing letters to Santa, all run by volunteers. At 11:15 AM, guests were entertained by the Vancouver Japanese Gospel Church who sang Christmas Carols. Junko Mayede, NPF Executive Assistant and event organizer received many positive comments from guests: “I look forward to it again next year!,” “I was able to spend time with very warm feeling” and “To be honest, I was quite surprised as I did not expect it to be so extravagant!” We were all very pleased to hear these comments because our goal was to create an event for our loyal participants that helped convey the feeling of Christmas to the special group of people who we have visiting Nikkei Place on a daily basis! Thank you all again for your support!
  日系文化センター・博物館クリスマス会員の集い   12月14日土曜日の午前中、日系プレース基金は初めて「日系文化センター・博物館(NNMCC)会員クリスマスの集い」を開催いたしました。 このNNMCC会員を招待する無料イベントには、会員の方々だけでなく、新さくら荘・日系ホームからシニアの皆様、グラッドストーン日本語学校の父兄の方々と子供達、ボランティアやスタッフなど総勢120名以上にお集まりいただきました。 クリスマスの集いでは、日系プレース基金(NPF)事務局長ジョシュ・カワード、日系文化センター・博物館事務局長(NNMCC)ロジャー・ルマイヤーによる歓迎の挨拶の後、軽食と共に、ジンジャーブレッドハウス・コンテストなどお祝いを盛り上げるアクティビティーが始まりました。 ジンジャーブレッドハウス・コンテストには、20名以上の子供たちが参加し、コンテストの優勝者には、ブライアン・アシンくんが選ばれました。その他6人の子供たち(リーまいかちゃん、福迫和也くん、福迫里奈ちゃん、松本水香音ちゃん、松本ともりちゃん、笠川あかりちゃん)にも賞が贈られました。 他にもクリスマスカード作りやサンタへの手紙などのクラフト作りもボランティアの協力によって行われました。 イベント後半の11時15分からは、バンクーバー日系人福音教会の皆様によるクリスマスキャロルで参加者は大いにクリスマス気分を楽しみました。 NPF事務局長補佐で今回のイベントの幹事マエデ淳子のもとには、「来年、また楽しみにしています!」、「とっても暖かい気持ちになる時間を過ごせました。」また、「正直、どんなものかな・・と思ったけど、来てびっくり! こんなに豪華だとは思っていませんでした。」など沢山の嬉しい感想が寄せられました。 私達、日系プレース基金スタッフ全員が、日系プレースに毎日のように足を運んでくださる大切な皆様に、クリスマスの気分を是非、味わっていただきたいとの強い思いから開催した集いだったので、このような多くの声が届き大変嬉しく思っております。改めて、皆様のご支援に感謝の意を表します。  

Leave a Reply