Profile: Yoko Watase

Yoko Watase, Outreach Coordinator

Nikkei Seniors Health Care & Housing Society

Bridging cultures and generations

Yoko Watase does not take her responsibility lightly. She not only reaches out to the residents of the Nikkei Home and the New Sakura-so, but she also looks out for the entire Nikkei seniors community in Metro Vancouver. Yoko’s goal is to engage with as many Nikkei seniors as possible through organizing a variety of programs and events. We spoke with her recently.

NPF: What do you keep in mind when you work?

YW: First and foremost, I try to do everything “with care; however I also make sure to be timely.” Consistency in direction, as well as, effective planning and execution of programs where the participants, volunteers and staff all have a say, are also important. Volunteers contribute their valuable time for the programs and it’s very important that they feel it is time well spent. A great program can’t happen without the help of volunteers.

“Act now!” Living without regrets

NPF: Why did you choose this career?

YW: To be honest, when I first moved to Canada, my plan was to move back to Japan when I’m old. But one day I asked my son, “Where do you want to live, Japan or Canada?” He replied without missing a beat, “Canada!” That’s how I learned I was going to live in Canada for the rest of my life.” (Laughs) Then I started thinking, what kind of life do I want in Canada in my twilight years? So I decided, why don’t I do something now to find my own vision? I was a nurse in Japan, so it was a great chance to apply my skills and experience too.

NPF:  You are making your dream come true instead of waiting for it to happen. You are a woman of action!

YW: Maybe. I want to “act now” – live without regrets.  Once I have an idea I jump right into action. (Laughs)

NPF: What do you consider to be your personal mission? 

YW: I consider it my personal mission to turn someone’s wish into a reality with the help of the community. As a member of the Nikkei society, I hope to lay a solid foundation of a community that my generation can benefit from and that we can leave behind for future generations. I want to help create a united Nikkei community around the Nikkei Place where we can rely on each other and build our future together.

Yoko puts her ideas into action by organizing great programs. For example, the next page is one of the programs she created. Like her, I also plan to live permanently in Canada. Let’s stay tuned for more exciting updates from Yoko, who works to realize her vision of her future life, rather than wait for it to happen.


渡瀬容子 (わたせ ようこ) 

日系シニアズ・ヘルスケア住宅協会・

アウトリーチ・コーディネーター

『架け橋』

自分の仕事を認識し、日系ホームに住まれている方たちだけではなく、新さくら荘に住まれている方々も含め、日系シニアズ全体に目を向け、1人でも多くの方のサポートになるようなプログラムを企画するように心がけている1人、渡瀬容子(わたせ・ようこ)さんに今回お話を聞いてみた。

NPF: 仕事に対して特に心がけている事は何ですか?

容子: まずは、『丁寧に かつタイミング良く!』です。 あとは、方針の一貫性と参加者・ボランティア・スタッフの裁量のあるプログラムの立案と実行でしょうか。 ボランティアの方々にも、楽しく充実した時間を過ごしてもらえるよう考えております。ボランティアの方々には、貴重な時間を割いて参加していただいています。どんなに素晴らしいプログラムを作れたとしても、ボランティアの方がいなければ、成し遂げる事はできないので、それもとても大切なことだと思います。

『今日やる!』 その結果が、後悔しない生き方につながる

NPF: では、この仕事を選ばれたのは、どうしてですか?

容子: そうですね。 カナダに移り住んで来たのですが、正直、老後は日本で過ごすつもりでいたんです。 息子がいるんですが、ある時その息子に「日本とカナダ、どっちに住みたい?」と聞いたところ、「カナダ!」と即答され"あ!私はカナダで老後を過ごすんだ。"と思ったんです(笑)そこで、将来どうカナダで住めるのかなどを考えてみました。結果、自分自身のビジョンを見つけるためにも、じゃあ自分が出来る事を実行していこう!と思ったんですね。もともと日本でナースをしていて、その知識・経験も使える場所でもあったので。

NPF: 誰かが作ってくれるのを待つよりも、どうせなら自分で作る。行動派ですね!

容子: そうかもしれませんね。『今日やる!』という思いも結構ありますね。後悔したくないし。思いつくと、即行動に移したくなりますね《笑》

NPF: 容子さんが感じる・思うご自身の使命とは?

容子: "あったらいいな"という小さな『希望』をコミュニティの力で現実に、具体的な形にしていくのが使命だと思います。自分自身が日系社会の一員であり、将来恩恵を受けられる土台を作って未来を担う後輩に託す。こんなことが出来ればと思っています。また、日系プレース周辺が、結束力のある、将来を安心して任せられるコミュニティになれるよう、サポートしていきたいです。


実際に興味深いプログラムを作っている容子さん。次のページで、その1つを紹介してみました。私自身も老後はカナダで過ごすつもりでいる1人。老後の心配より、むしろ楽しみだなとも思える環境を築く努力をしている彼女のこれからの活躍に、ぜひ注目し続けたい。

 

Posted in In the Community.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *