Kui Do Raku 食動楽

Kui Do Raku is made up of three parts: Kui (食):  Eating Do (動):  Moving Raku (楽):  Enjoying One of the many programs offered by Nikkei Senior Health Care and Housing Society, Kui Do Raku is designed for seniors who can live independently. The program is hosted at the Nikkei National Museum and Cultural Centre (NNMCC) every Tuesday from 10:15 am to 1:00 pm, and will soon celebrate its one-year anniversary.  “Our goal is to help seniors maintain an independent lifestyle. The program is a great opportunity for seniors to interact with younger volunteer staff and experts who can give them practical tips as well as a sense of well-being,” says Yoko Watanabe, one of the founders of the program. “Come join us! Why not experience it yourself?” The organizers were kind enough to invite me to participate in the program for this article. The program is roughly organized into three parts that represent the “Kui”, “Do” and “Raku”
Part 1: Exercise Start with a health checkup (blood pressure and weight measurements), then “seniors exercise” on the first floor or hand exercise, handicraft, conversation and fun games on the second floor Part 2: Social lunch Chatting over Japanese lunch provided by Hi Genki Restaurant Part 3: Lecture “Practical tips for seniors” by a volunteer lecturer * Participants can choose the sessions they want to attend
Super Fun Tuesdays I was pleasantly surprised by how much the volunteers seemed to be enjoying themselves during the limited time of the program. Their high energy was contagious and made all the participants smile. The entire program was filled with laughter, and the atmosphere, as Yoko said, brought us a sense of well-being. Participating in the program was a real eye-opener and hit me at a personal level. It also gave me valuable knowledge that I could easily incorporate into my daily life. If I were to use one word to describe the program, “hope” is what comes to mind.
漢字がわかる方には、イメージが浮かぶでしょうか? 食- 食べる事 動- 動く事 楽- 楽しむ事 今回、日系文化センター・博物館(NNMCC)で行われている日系シニアズ・ヘルスケア住宅協会主催のプログラムの1つで、自活可能なシニアを対象に作られた"食動楽(くいどうらく)"に目を向けてみた。毎週火曜日、10時15分から1時まで行われているこのプログラムは、もうすぐ1周年を迎える。 プログラム発起者の1人、渡瀬容子(わたせ・ようこ)さんは、「相互作用・異世代ボランティアスタッフとの交わりや、専門家の話を通して生活に潤いを感じながら、シニアのみなさんが、自分で自立した生活を維持促進していく為のサポートを目指しています!」と語る。 そこで記事を載せるにあたり、「是非、プログラムに参加してみてください! 実際に肌で感じていただくのも、いいと思いますよ!」と、気軽に声をかけていただいた。 このプログラムは、いかに自立した生活を維持していくかを考え"食""動""楽"を通して構成・内容が、下記の通り大きく3部に分かれている
第1部(運動系):血圧測定、体重測定から始まり、1階でシニア体操 又は、2階で、手を使ったり、おしゃべりしたり、頭の体操 第2部(昼食):ハイ元気レストランの協力のもと、日本食を楽しみながらのおしゃべりランチ 第3部(レクチャー):ボランティア講師による「シニア向けのちょっといい話」 *参加者は、それぞれ自分が好むセッションを選んで参加することが出来る。
"火曜日は、気軽に学べて、楽しむ日!" まずスタッフ・ボランティア自らが、限られた時間の中で元気に楽しんで過ごしている姿が印象的だった。その元気なエネルギーは、参加者の笑顔にもつながっていた。プログラムを通して、どれだけの笑い声を聞いたか。その雰囲気に、まさに容子さんが言う「潤い」を感じた。 私も実際にプログラムに触れてみて、楽しく時間を過ごす中で、決して人事ではないな。と強く感じたり、少しでも早く知っておいて良かった。と、毎日の生活に気軽に取り込こめることも含めて、たくさん学ぶ事もできた。あえて、プログラムの印象を一言で表すとしたら、"希望"でしょうか。
来月4月25日には、"いきいきプログラム"がNNMCCで始まります。このプログラムは、食動楽プログラムと同様、とても興味深いプログラムとなっております。"食動楽"は、自活可能なシニア向けのプログラムとなっておりますが、"いきいき"は、虚弱、痴呆症、意欲が低下されているシニア向けのプログラムとなっております。参加されるシニアの方ご自身だけでなく、シニアの方を普段から献身的に支えているご家族の方への配慮も含め、作られたプログラムです。詳細につきましては、604-338-8370容子さんまで直接ご連絡ください。 On April 25, the “Iki Iki” program will begin at NNMCC. While Kui Do Raku is designed for independent seniors, Iki Iki is suited for seniors with dementia, mobility issues or low motivation. The program is designed for not only seniors but also their family members who devote their lives to caring for them on a daily basis. For details please contact Yoko at 604.338.8370.  

Leave a Reply