Gladstone Japanese School

Enjoy Japanese Culture: Penmanship & Calligraphy

At Gladstone Japanese School, Principal Yoko Murakami hosts a penmanship & calligraphy club.  This year will be her 36th year leading the club!

Q.  Why did you open a penmanship & calligraphy club?
A. In fact, I also organised a club when I was in Japan.  The students that I taught were able to grasp the skill and calmness needed to write Japanese.  I was so impressed by these children that I wanted to continue teaching penmanship & calligraphy after moving to Canada.

Q. When and how did you start learning penmanship & calligraphy?
A.I started learning from the third grade.  I don’t remember how I started, but I liked it.  I also participated in camps for calligraphy.  I studied under Sasafune Kawada and received the name of [Hakushu] from him.

Q. I think it was not easy to continue the club for 36 years.  What has kept you leading the club for so long?
A.I am continually able to develop from watching the expressions of the children and adults.  The joy I see when they learn or improve a character is moving.  I have fun with the club , it’s like a hobby for me.

Q. What dreams do you have for the club?
A.I would like to hold a New Year’s Calligraphy Contest (jp. Kakizome Taikai) next year at Nikkei Centre and see many people participate and express their joy in writing Japanese.

I hope her dream will come true.


日本の文化を楽しむ 〜習字・書道〜

日系センター内にあるグラッドストーン学園で、学園長の村上陽子先生が習字クラブを開いている。その習字クラブが、なんと今年36年目を迎える。

質問)どうしてカナダで習字クラブを始めようと思われたのですか?

答)実は、日本でも習字教室を開いてました。そこで学んでいた子ども達が、心を落ち着けて字を丁寧にそして伸び伸び書く様子に感動を与えてもらっていたので、カナダでも続けたいと思いました。

質問)では、村上先生ご自身が、習字を習い始めたのはいつ頃できっかけは何でしたか?

答)私は、小学3年生から習い始めました。自分からか親から言われて始めたかは定かではありませんが、楽しんでいた事は間違いありません。 学生時代のサークルで合宿したり桑田笹舟(くわだ ささふね)氏に師事を受け、「白舟(はくしゅう)」と名前をいただいたりしました。

質問)今年36年目を迎えられたということですが、並大抵のことではなかったと思います。 これだけ長年に渡って続けてこられた秘訣は何だと思いますか?

答)子ども達や大人の方が上手になっていく喜びと楽しんで練習している姿を見ていて自分自身も学べるからです。それとあくまで趣味として私自身も楽しんでいたからだと思います。

質問)何か夢や豊富などございますか?

答)来年、是非日系センターで「書き初め大会」をしてみたいですね。学園内外問わず、たくさんの方に参加していただいて書くことを楽しんでもらえたらな、と思います。

村上先生の夢が実現することを応援したいですね。

 

Posted in In the Community.