Cake-Ya: ふわふわっ、しっとり!ロールケ

roll-cakeFor this issue I decided to try something a bit different: paying a visit to a cake shop. I had only seen (and drooled over) their desserts nicely displayed at Nikkei Place events, and had been dying to actually try them. Nestled in a quaint neighbourhood in Port Moody, Cake-ya has enjoyed high ratings by restaurant review sites since its opening five years ago. I dropped by two hours before closing, and to my horror their shelves were all but empty. Where are my roll cakes!? Seeing me utterly devastated, they kindly offered to make one on the spot.

Cake-ya’s roll cakes, to put it simply, are wonderfully fluffy, yet moist. Flavourful but not too sweet, they are the perfect embodiment of a Japanese roll cake. My favourite is their matcha roll cake, which features sponge cake gently imbued with matcha flavour and mildly sweetened red beans. Savour a mouthful of sponge cake, whipped cream, and red beans, and you will enjoy an exquisitely balanced matcha roll cake!

A labour of love 

Later I chatted casually with Saori, Cake-ya’s owner. Saori has always loved baking, making desserts like custard puddings for her friends all the time. She began receiving so many requests that one day she decided to open up a shop. Through trial and error, her menu gradually expanded. Her family was always the first to try her experimental desserts, but, she laughs, “I think my family has had their fill of my desserts.” Even so, her son still helps out with deliveries.

Q: What was the hardest thing about running your shop in the last five years?

A. My customers come from not just Japan but all sorts of backgrounds, so their preferences are wildly different. Their expectations are just not the same. I want to satisfy all my customers, but is it realistic to try to please every one of them? It’s a big dilemma.

Saori uses the same oven every day, in the same manner. But on some days it works better than others for no apparent reason. Failure happens on a daily basis. But Saori’s greatest joy comes from making her friends happy, and is motivated by her desire to expand her fan base.

My last question to Saori: “What’s your dream?” “One day I’d love to have my own stand at the Richmond Night Market,” she answers. “But I’m already happy with how things are right now.”

I invite you to go and try Cake-ya’s desserts. They are a reflection of not only Saori’s skills, but also her gentle, sweet personality.


 

今回は、ちょっとだけ志向を変えて、ケーキ屋さんに伺ってみた。実は、何度も日系プレースのイベントで拝見させていただいて、いつか食べてみようと思いながらトライしたことがなかったここのデザート。クチコミサイトでも評価の高い、ポートムーディの閑静な一角に、5年ほど前からお店を構えているCAKE-YAさんだ。閉店2時間前にお店に寄らせていただいたが、ほぼ完売状態!! 一番目当てにしていたロールケーキがない!!! と、一瞬がっかりしていた私に、「今、お作りしますよ!」と快くロールケーキを作っていただいた。

ロールケーキは、一言で言えば、ふわふわでしっとり!甘さ控えめで、まさに日本のロールケーキ。私のお勧めは、抹茶ロールケーキ。スポンジにほんのり抹茶の味が染み込んでいて、あずきの甘さも程よくて、スポンジケーキ、生クリーム、あずきの3つを一緒に口に入れると、絶妙にバランスが取れている抹茶ロールケーキを堪能できる!

『好きこそ物の上手なれ』

オーナーのさおりさんと、軽く会話を楽しませていただいた。もともとデザートを作るのが好きで、友人にプリンを作って渡したりしていたそうだ。その後みんなからのリクエストがたくさん入るようになったのが、お店を構えるきっかけになった。デザートを作っては、家族に試食してもらい、試行錯誤しながら1つずつ商品を増やしていったそう。「もう、家族は食べ飽きてしまったようです」と笑いながら、さおりさんが語ってくれた。それでも、息子さんは、配達など今でもよくお手伝いをしてくれるらしい。

Q. 5年間お店を続けてきた中で、苦労したことは何ですか?

A. やはり、お客さんは日本人だけじゃないので、好みの差が広く出るのを感じましたね。常識というラインも違ってきますしね。満足していただきたいという気持ちを強く持っている自分と、反面、現実的にどこまでお客さんの思いを汲めるのかと、葛藤もありました。

 

同じオーブンを同じように使っていても、日によってオーブンの調子が違ったりするそう。毎日のように、失敗を繰り返しているというさおりさん。それでも、自分が好きでやっていたことの輪が大きく広がり、たくさんの人の喜びにつながっていることが、前に進む力を与えてくれているように感じた。最後に、「夢は?」と伺うと、「そうですね。。。ナイトマーケットに出店出来たらな、と思っています。でも、今のままで十分充実しているんですよ。」と最後に語ってくれた。さおりさんの人柄がしっかり反映している、そんなやさしい味のデザートを是非試してみてはいかがですか?

Cake-Ya
2415 Clarke St Port Moody, BC V3H 1Y9
Tel: (604) 931-9005

Posted in Food, In the Community.